読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iker's blog

気ままに更新

安部礼司ウェディングパーティー

今日はいつ以来か記憶がないくらいに久々にスポーツ観戦のない週末。
で、行ってきました。原宿で電車を降りて、代々木の体育館の東京ガールズコレクション


の群集を見ながら渋谷公会堂(現渋谷C.C. Lemonホール)へ。
音楽やお笑いのライブ、舞台などスポーツ以外のお金を払う興行にこれまで殆ど縁がなかったため、勿論初めての渋公。


着いてびっくり。この長蛇の列!


何があったかというと、ラジオドラマ「あ、安部礼司」の主人公、我らが安部礼司と優ちゃんのウェディングパーティー(という名目のリスナー参加のイベント)が行われたのだ。


たかがラジオのイベントに、こんな人数が集まって、会場はすごい熱気だった。
予想外に注目度も高かったようで、テレビの取材も来ていた。

俺もグッズ販売の列に並んでいる最中に雑誌SPA!のインタビューを受けた。もしかしたら今月末発売の号に写真つきで記事が載るかも。
ああ、もっと気の利いたことを言えばよかった。安部礼司の魅力を全然伝えられなかったorz


5時からのいつもの放送のパブリックリスニングに続いて、ウェディングパーティーの開始。本当に最高のイベントだった。それしか言いようがない。
あんなに幸せな気分になるイベントはそうそうない。会場は大盛り上がりで、拍手と笑いが絶えなかった。


ひとつ今回の演出で良かったのは、声優さんたちにはスポットライトを常に後ろから当てていたこと。ラジオドラマという性質上、それぞれの中にそれぞれの安部礼司がいる。
正面からスポットライトを当てて顔をカメラで映し出そうもんなら、自分の中にある安部礼司像が崩れてしまう。顔がよく見えなかったことで、それが守られた。リスナーの微妙な気持ちを汲み取ってくれたことに感謝したい。


ゲストではepo渡辺美里が登場。前述の通り音楽のライブに行ったことはなかった俺が、違うジェネレーションの曲を聴かされたわけだが、すごく楽しかった。
マッキー(槇原敬之)もビデオで出演。ライブではなかったが、それも大盛り上がり。
グランドフィナーレは、マッキーの「the average man keeps walkin'」をみんなで大合唱。鳥肌もんだった。
いつも一人で聞いているラジオを2000人で楽しめたことが本当にうれしかった。
集まったリスナーが、そしてスタッフが、とても安部礼司という番組を愛していることが伝わってうれしかった。


会場にて番組が4月以降も続行されることが発表された。自動車業界が苦しい中、スポンサーを続けてくれるN社には本当に感謝。
誰かお金が余っている人がいたら、N社の安部礼司仕様のキューブ(149万円)を買ってあげて下さい。「家族への手土産に」って言ってたけど俺には無理w
お金が余ってない人は、一度番組を聴いてほしい。
NISSAN あ、安部礼司 BEYOND THE AVERAGE
日曜17時〜 東京FM及びJFN37局にて放送