読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iker's blog

気ままに更新

バラエティー番組がつまらなくなった

NHK独り勝ちの皮肉、民放離れが進むワケ(1)東洋経済
NHKの高視聴率に危機感 民放がドキュメンタリー重視 J-CASTニュース


最近に始まったことではないけど、民放のバラエティー番組というものがまったく面白いと感じなくなってしまった。
各種報道を見ると、そう感じているのは俺だけではないようで、視聴率の低下が進んでいるのは事実のようだ。
ではバラエティー番組自体がつまらなくなったのかというと、そうではないケースもあると思う。たとえば「めちゃイケ」や「ガキつか」なんかはずっと続いている番組だけど、つまらないと思うようになったのはここ数年。
やはり自分にも原因がある。色々考えた末にたどり着いた結論は、テレビ局の人間や芸人が意図して作った「面白さ」に共感できなくなったということ。年々、テレビ局の人間と自分との距離が離れていくのを感じる。
さらに最近ではネットで自分が共感できる面白さを簡単に見つけることができるから、それとの比較でますますテレビがつまらなく感じてしまう。


ではテレビをまったく見ないかというと、そんなことはない。毎朝NHKのニュースを見て、夜はNHK→テレ朝→TBSもしくは日テレ→フジとニュースを回す。
勿論すべての局のニュースを最初から最後まで見るほど暇じゃあないが。
学生の頃だったら、7時以降はバラエティー番組ばかりを見ていたものだったが、最近はニュースばかり。
それ以外で見るのはNHK BSやスカパーのスポーツ、そして週末の討論番組。


新手の芸人とかアイドルには滅法弱くなった。音楽については、ラジオがあるから新しい局も耳に入るのだが・・・


俺の実家はあまりに田舎のため、NHK以外はろくに映らなかった。小さいころは民放が映る環境が羨ましかった。
NHKしか見れないものだから、小中学生にしてはニュースをよく知っていたし、相撲にやたら詳しかったw
あのころは民放のバラエティー番組の話題についていけないことを非常に残念に思ったりしたのだが、実家を出て12年で考えがまったく変わってしまった。


こんなことをつらつら書いていると俺はよほど真面目な人間なのかと思われるが・・・そう、真面目ですw真面目人間です!って嘘はいかんなw
はい、馬鹿なお笑い大好きです。たとえばこれ↓↓ 今の民放の連中にはこの笑いのセンスはないだろうな。


秘密結社 鷹の爪