読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iker's blog

気ままに更新

【初のリタイヤ】勝田全国マラソン

もう1月も終わりですが、あけましておめでとうございます。
さて、去年はマラソンネタばかりだったこのブログ。マラソン以外にもネタはあるんだぞと見せ付けたいところだが、2009年最初のエントリーもマラソンネタ。
なんかこのブログだけを見ていると、マラソンだけが生きがいのつまらない人間に思えてくるけど、決してそんなことはない・・・と思う。・・・多分。


で、今年初の大会は茨城県ひたちなか市で行われた勝田全国マラソン。エントリーはフルマラソン
当初は勝田で4時間切りを達成して、東京マラソンは阿呆面して写真でも撮りながら余裕ぶっこいて走るという構想だった。、
ところが昨年末から痛めている右膝の調子が思わしくなく、1週間前の練習でも痛みが発生していた。出場辞退も考えたが、せっかくエントリーしたのでとりあえず参加することに。
目標はハーフ(21キロ)を走ること。結果は見事ハーフを走ってのリタイヤ。

  • 〜5km  28'50"
  • 〜10km 28'15"
  • 〜15km 29'35"
  • 〜20km 29'59"
  • 〜中間  6'20"
  • ハーフ計 2:03'02"


今回はこれが精一杯。昨年9月には自分でハーフを1時間41分で走っているのだが、それが信じられない。
とりあえずハーフの計測ポイントにいた係員の方にリタイヤを申請。が、収容バスが来るのはおそらく30分後との話だったので、座って待っているのも恥ずかしいと思い、歩くことに。
2キロほど歩いたところで、収容バスに追いつかれた。元気に右手を挙げて正式に競技中止。観光バスサイズの車両に乗り込むと、すでに車内はリタイヤした人でいっぱい。
バスでは熱いお茶とお菓子をいただきながら、チップの返却とTシャツ受け取りの手順の説明を聞いた。その後2人を乗せて満員となった1号車はゴール会場へ。因みに2号車と3号車もあったようで、1号車も我々第一陣を降ろした後に再びコースへ戻っていった。
リタイヤして改めて思ったけど、走るってすごい。ハーフ地点で歩き出したときに抜かしていった人が、バスで追い抜いたときには25キロ過ぎにいた。あの短時間でこんなに走っちゃうんだ。俺も本来だったら走れてたんだ。


今回は右膝が悪かったので、リタイヤを想定して臨んだから抵抗はなかったが、完走が目標だったらリタイヤできなかったかも知れない。リタイヤって結構勇気がいることだと思う。
今季の最終目標は東京マラソン
1日経った今日は右膝が痛むが、大事には至ってない模様。無理せず早めに止めてよかった。東京までに完治するか不安だが、ここで無理しなかったことがプラスになればいい。




完走した方、自己記録を達成した方、おめでとうございます。一緒に走ってくれてありがとうございました。


大会を支えたボランティアの方、沿道で熱心に応援してくれた方、個人的に飲料や食料を準備してくれた方、ありがとうございました。完走できなかったけど、とってもうれしかったし、力になりました。
また来年参加します。ありがとうございました。