読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iker's blog

気ままに更新

自転車が盗まれた

会社から家に帰って、何気なく駐輪場を見ると、自転車がない!
先日溢れんばかりの愛を綴ったばかりの、ブラックイーグル君が・・・
盗まれた。・゚・(ノД`)・゚・。


まず、17年間(前の記事では18年と書いたが、正確には17年だった)も俺を乗せてくれたブラックイーグル君に感謝したい。
本当にありがとう。


今夜早速警察に行ったのだが、残念ながら防犯登録の控えがなかったため、盗難被害届けは効力がないとのことで、届けはださなかった。
ただし、自転車の特徴などは警察のデータベースには登録してもらえるようで、望みは薄いが見つかる可能性はある。


ボロボロの姿のブラックイーグル君が持っていかれることはないだろうと、油断していたのがいけなかった。
ブラックイーグル君、ごめんよ。




ブラックイーグル君との出会いは、ランドセル背負って鼻垂らしていた小学校5年のとき。
当時集落の友達の間では、マウンテンバイクを持つことがステータスとなっており、俺も自分の小遣い+親の援助で購入した。
金額も大きければ、車体も大きかった。いすを一番低くしても足が届かなかった記憶がある。


中学を出るまでは、実家の山の間を吹く風を一緒に感じた。
高校のときは乗らなかったが、大学で原付を買うまではブラックイーグル君にお世話になった。
初めての携帯を買った日、大学と街の携帯ショップを、書類の不備があったため2往復した。あの坂道大変だったなあ。
その後は原付に乗るようになってブラックイーグル君に乗らなくなったが、社会人になってからはとってもお世話になった。
横浜で、埼玉で、車通りの多い都会の道も一緒に疾走した。
ブラックイーグル君がいたお陰で、俺の行動範囲は劇的に広がり、素晴らしい体験をたくさんすることができた。


本当にありがとう。


人生で起こることは全て意味がある


今回のことで、大事なものを失う悲しさを身をもって体験した。
周りに当たり前にあるものって、それ自体が本当はありがたいものなんだ。
人に、ものに、もっと感謝しよう。


また会えると信じているから、サヨナラは言わない。


ありがとう、ブラックイーグル君。